ライ麦パン食べてみた

小麦パンに比較しライ麦パンはとても低カロリーであるだけでなく、Gi値も低いのでダイエットに向いている。通販で購入した食べてみた。パンは固めで噛むと歯ごたえがある。焼きたては特においしい。糖質制限中の人が摂る炭水化物としてはベストなのではないかと思う。

ライ麦パンを主食にしてみては

高速道路でねじを踏んだ

高速のPAでガソリンを入れていたら、珍しく店員の方から空気圧チェックしましょうかと言われた。せっかくなのでお願いしたところ、右後輪のみが0.5気圧も低いとのこと。タイヤを精査してもらうと、なんとねじが突き刺さっていて空気漏れを起こしていた。このまま気づかず走っていたら確実にパンクであった。後輪のタイヤ2本を新品に交換することに。

前輪が落ちている釘やねじを跳ね上げてそれを後輪が踏むといくことがしばしば起こるらしい。そのため釘やねじの突き刺さりは大概後輪に起きるという。店員は給油中車体が傾いている気がして、空気圧チェックを申し出てくれたそうだ。運転している自分は全く気付かなかった。店員の機転のおかげで命拾いした。感謝。

車には、空気圧をモニターしたり空気漏れを検出して警告を出すような機能があればいいのに、とつくづく思う。

勝利の方程式を見つける方法

テニスなどの互いに打ち合う競技において、負けるには理由がある。負けた時の自分の意識と行動の流れを逆回しにしてひとつずつ遡ってみると、負けを必然的に招いていた負の連鎖が見えてくる。一例を挙げると、

自分:敗北する←相手:決められる←自分:相手にチャンスボールを返している←自分:安全確実に返そうとする(狙うターゲットを広く考えている)←自分:失敗してはいけないという気持ちが強い

以上が見えたら、その連鎖を断ち切る方策が見える。すなわち、

自分:(意識的に)狙うターゲットを狭くする→自分:対応の難しいボールを返せるようになる→相手:対応できない→自分:勝利する

これを考えられる人は、自力で自分を進化させることが出きるでしょう。逆に、それが見えない限り(それを考えない限り)、いつまでも同じ過ちを繰り返すことになります。この考え方をすれば、スポーツに限らずどんな分野でも、自分なりの勝利の方程式を見つけることができるはずです。見つけたら、意識を切り替えて行動するのみです。

高速SAで起きた小型犬の悲劇再び

犬を飼う人は長期休暇の際、家族の一員である犬を車に乗せて移動することが多い。運転者の休憩所であるSAは、イヌを含めた同乗者の休憩所でもある。そして多くの愛犬家がドッグラン施設を見つけると飼い犬をリードから放つ。そのため混雑時は、ドッグラン内に、複数の大型犬・小型犬が鉢合わせになることも起こる。大型犬は飼い主に対しては従順であっても、自分より弱者である小型犬に対しては凶暴になることが多い。そのため、飼い主が油断したスキに、小型犬を襲う行動を起こしがちである。大型犬の飼い主は、このことを肝に銘ずるべきであり、加害者になった場合の対応も準備しておくべきであろう。また、SAも、このような小型犬の悲劇が頻発している以上、小型犬専用スペースを別に設けるとか、廃止してしまうとか、何らかの対策を講じるべきではないか。

小さなコロに起きた悲しい事故〜 犬が咬まれる事故
危険犬の危険性
上手なイヌのしつけ方

本番に強くなる方法

スポーツの試合の本番で力が出ない理由。本番特有のプレッシャーに自分の精神が負けたと思われがち。確かにこれは大きな要素であるに違いない。本番と練習を比較してみると、多くの相違がある。普段と異なる想定外な状況の数々、それらが複合的に作用して、普段の力を出させなくしていると考えられる。グランド状況(体育館なら床の状況)の違い。ボールの空気圧の違い、などなど。であるならば、本番で強くなるためには、精神力を鍛える以外にやることが多くある。画一的な条件でやらないこと、いろいろな状況の中でやること、意図的にバリエーションを作って練習することにより、対応力の幅が広がる。本番において想定外なことがが少なくなって行き、本番で普段通りの力を出せるようになる。