坂道ダッシュにおける心拍とパワー

近所の200mの坂(斜度9%)を3本走る。全体で20分くらい、消費カロリーは300kcal。走り始めは心臓が驚いて心拍が急激に上がり苦しいがくなるが、しばらく走ると心拍は落ちてきて楽になる。走り始めて10分くらいの心拍数はあてにならない。坂の走り方は、1本目はただゆっくり、2本目はステップを数えながらテンポ良く、3本目はタイムトライアルで追い込む。2本目、3本目は追い込み方が違うのでパワーは大きく異なる(2本目:195w、3本目:280w)のだが、なぜか心拍数(HR155)に差はなかった。つまり心拍は、いったん落ち着くと、少々のパワーの強弱で大きく変動することはない。わずか1.5分~2分の坂道ダッシュではあるが、追い込み程度は心拍でなくパワーが指標になるということが、再確認できた。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA