最終レップ

午前中球技、疲れた身体で夕方からジムへ。ベンチをする余力はなく、かつ1セット法をメインにしているので30分あまりで11種目できた。1セットで限界チャレンジとはいうものの、最終レップの形には種目によりバリエーションがある。

マシン・リアデルトの場合:限界きたら+1回にトライする余裕すらない。こういう場合、重量下げて2セット目をやって出し切るのも良い。
ラットプルダウン、マシン・フライの場合:最終レップ時、終了姿勢を数秒間維持して出し切る(終了姿勢で負荷がある種目)
ケーブルカールの場合:限界きても不完全なら+1回トライ出来る。完全レップ数+不完全レップ数で記録。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA