有酸素運動の強度

有酸素運動といってもアプローチは2通りある。

強度低く長時間の運動:
脂肪燃焼が始めるのが運動を始めて20分からといわれている。強度が低い運動であれば運動中のカロリー消費が全てと考えておこう。ウォーキング、軽いジョギングなど。

強度高い短時間の運動(あるいはインターバルトレーニング、サーキットトレーニング):
心肺に負荷をかけて息が上がるような運動。強度が高いので遅筋だけでなく速筋も使う。速筋の強化も望むなら、強度は高い方が良い。その分、短時間(20分以内)で終わっても良い。運動中の脂肪燃焼は期待出来ないが、運動後の回復過程での脂質代謝効果が期待できる。自分でメニューをいろいろ作ってやってみよう。ローラーで1分間もがく、短い坂道をダッシュ、等。

どちらがいいかというより、両者をうまく取り入れればよい。要するに、疲労させて、回復させてを繰り返す。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA