STRAVAのFlybys機能

なんとか天気も持ちそうなのでロングライド135km。休日自転車に乗っていると他のライダーとよくすれ違う。すれ違いざま軽く会釈したりすることはあっても、相手はどこの誰だか分からないし、どこから来てどこへ行くのかも分からない。しかし、もしその人がGPSデータを記録していてSTRAVAにデータをアップし、自分もアップするならば、STRAVAのFlybys機能により、あそこですれ違った人がどういうルートで来たのかが分かるのだ。大会や周回練習のデータであれば、全体の中での自分の位置とかも分かって面白いだろう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA