ダイエットのための有酸素運動

誰にも出来る手軽な有酸素運動の代表はウォーキングであろう。ウオーキングを習慣としている人には筋トレの習慣が無い人が多いのではないだろうか。またジムに行くと筋トレせずにトレッドミルしかやらない人もいたりする。筋トレせずに有酸素運動ばかりすると、身体は効率的により少ないカロリー消費で運動に対応するため、不要な筋肉は徐々に失われて行くという。そのため、脂肪を燃焼するための運動をしていて筋肉をも燃焼してしまう結果になる。これを防ぐには、筋トレを行い筋肉増強の必要性を身体に知らしめることが必要になる。強度の低い有酸素運動では脂肪と糖の燃焼比率がおよそ半々といわれていて脂肪の燃焼比率が高い。しかし運動強度が高まるにつれ、速筋の関与が高まり、糖の燃焼比率が高まっていく。という話を聞くと、体脂肪を削減するには強度の低い運動の方がいいと思うかもしれないが、体内の余分な糖は脂肪の原料になるので、糖の消費だけでもダイエットにプラスなのである。強度の高い運動は、運動中だけでなく運動後の回復過程でエネルギーを消費し(脂肪を燃焼し)、筋力強化にもつながるのでむしろお勧めである。また、有酸素運動において脂肪が燃焼し始めるのは始めて20分後からという話は忘れた方が良い。20分以内の運動はダイエットにならないのでやる価値が無いという勘違いをしてしまう。燃焼するのは糖でも良いのだ。とにかく、筋トレと有酸素運動は両方やりましょう。そして、有酸素運動はできるだけ強度を高めましょう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA