合成ビタミンC vs 天然ビタミンC

ペットボトル茶に添加されているビタミンC(L-アスコルビン酸)は酸化防止のための合成ビタミンCである。L-アスコルビン酸は食肉製品では変色防止、緑茶・ジュース類では褐変防止、風味保持のために使われる。その一方で、天然のビタミンCには活性酸素の発生を抑える酵素が含まれており活性酸素を発生させないが、合成ビタミンCは発生させるという報告もある。この話は本当だろうか。ビタミンC自身に抗酸化作用があるのではなかったのか。

人々は褐変防止、風味保持のための合成ビタミンCの入ったお茶をビタミンCがより多く含まれているお茶として有り難がって飲んでいる。CCレモン1本にレモン何個分に相当する合成ビタミンCを有り難がって飲んでいる。サプリメントで合成ビタミンCを補給している。これまで通り飲み続けていいのであろうか。天然ビタミンCと合成ビタミンCの違いについては注目して行こう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA