カーボローディング

マラソンなど持久力を必要とする運動において、エネルギーに変わり易いグリコーゲンは出来るだけ蓄積しておきたいところ。カーボローディングは筋肉内により多くのグリコーゲンを多くの蓄積することを目的とする。運動によってグリコーゲンを一旦枯渇させるとカーボローディング時のグリコーゲン蓄積量が増すという。マラソン選手は即効性のエネルギー源としてのグリコーゲンを蓄積するために、ボディビルダーは大会時の筋肉の張りを作るためにカーボローディングを行う。持久力にはミトコンドリア機能が大きく作用することは間違いないが、その機能を最大限に発揮するためにグリコーゲンは出来るだけ取り込んでおきたい。グリコーゲンの蓄積にはインシュリンが作用しているので、より多くグリコーゲンを蓄積するにはインシュリン分泌も多い方が効果的と考えられる。従って、この時ばかりは豪快に炭水化物を摂って良い。準備の無い単なる大食いではグリコーゲン蓄積量を増やさず、体脂肪を増やすだけに終わるかも知れない。それでも直前は十分食べておいた方が良いだろう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA