カロリーや糖質の摂取量を一切記録しないダイエット

カロリー制限、糖質制限によるダイエットをやろうと思うと、食事の記録は欠かせないが、もれなく記録することは大変だ。記録を一切行わずに、食事量を制限しないダイエット法がある。いずれも脂肪蓄積の元であるインシュリン分泌の急増を避ける工夫である。簡単で理にかなった方法と思うので、ぜひ取り組もう。

①血糖値が下がるタイミングに合わせて食事をする
血糖値は1日3回(朝昼夕)下がると言われている。血糖値が下がるタイミングに合わせて食事をするとインシュリン分泌の急増を抑え、太りにくいと思われます。

②夕食に炭水化物は控える
夜間インシュリンが出にくいので体脂肪が燃焼しやすくなります。

③炭水化物を後に食べる
急激な血糖値上昇抑えることが出来ます。

④分割して食べる
時間をおいて分割して食べることにより、血糖上昇、インシュリン分泌増加を抑えるいことが出来、ダイエット効果があります。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA