ノンカロリーなのに太る?

最近のドリンクはノンカロリー、低カロリーのものが増えてきました。ただ、カロリーが低いからといって安心はできません。甘さを作るために、砂糖でなく人口甘味料がよく使われています。人工甘味料にはいろいろな種類がありますが、例えばアスパルテームは、普段とっているホエイプロテインやメッツコーラに入っています。しかし、膵臓は人工甘味料にも反応しインスリンを分泌することが最近わかっています。インスリンが分泌されると、血糖を下げるために、余った糖質を体脂肪に変え蓄積していきますので、太ってしまいます。メッツコーラではデキストリンを含有して特保の飲料として体脂肪を抑えることをうたっています。デキストリンは脂質の吸収を抑えることは期待できますが、人工甘味料でインスリンが分泌させてしまうという視点が欠けているのはないでしょうか。インスリン分泌を刺激しないためには人口甘味料の摂取も出来るだけ控えるべきでしょう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA