持久力を養成するには

先日のマラソンは大きく分けて3つに区分される。実に分かりやすい。

維持区間:意図したペースを維持できている区間(20kまで)
衰退区間:徐々に失速して行く区間(30kまで)
疲弊区間:力尽き歩きが交じりでないと前進出来ない区間(ゴールまで)

マラソンで歩いてしまうことは本番の走り方としては失敗である。しかし、力尽きるまでの失速をフルに経験したことはトレーニングとしては良かったように思う。普段はそこまで追い込むことは無く、大幅に失速する前に練習を終えていた。しかし、持久力をつける(維持区間を伸ばす、衰退区間でなかなか失速しない)にはもっとペースが落ち込む状態でのトレーニングが重要なのかもしれない。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA