走る前の食事

マラソン当日、朝食はスタートの3時間以上前にとれと言われている。これは胃に入った食物を消化する間は血液が胃に集中するので、走り始める前に消化を完了させたいためと思われる。走っている間は脚の筋肉や心肺機能をフルに発揮するために血液循環が欠かせない。胃に構っている余裕はないのである。従って、レース前3時間を切った以降は、食べるにしても極力消化の良いものに限定すべきでさる。このことはマラソン本番の時に限った話ではない。日々トレーニングで走る時でも、走る直前に消化の悪いものを食べてしまうと、一気に走りに悪影響を及ぼす。血液の巡りが悪くなり走れなくなるばかりか、消化も進まず腹痛を起こしかねないので注意したい。消化の悪いものを食べるくらいなら、何も食べない方がましである。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA