リオ男子マラソン選考問題

男子の方は女子とはかなり状況が異なる。選考基準は女子と同じ方式であるが、男子の陸連設定記録(2時間6分30秒)が異常にハードルが高い。歴代1位と2位の間である。世界と戦えることを基準に設定したのであろうが、明らかに無いものねだりの感あり。なぜか男子は女子より世界から遠い位置にいるらしい。東京マラソンをみてもわかるように、このタイムを目指した者は初めからいないという寂しい状況。低いレベルで牽制しあった中での日本人3位以内などまったく意味がない。選考対象条件としてタイムの制限もつけた方がよいと思う。現役選手の自己ベストから設定すると、内定:2時間8分以内+日本人1位、選考対象:2時間10分以内+日本人3位以内、くらいが適当なのでは。としても、東京マラソンの日本人1位が2時間10分57秒なので、選考対象になる人すらいなかったことになる。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA