ベンチプレス

全身をもれなく筋トレするとなんとなく安心するのだが結果どの筋肉も大した成長を示さない。それよりは的を絞ってブレイクスルーを狙った方がよい。ひとつ選ぶとしたらやはり胸である。プッシュアップも自重で出来る胸の種目であるが、やり方が悪いと胸には効かない。ベンチプレスは胸の代表的種目でありながら、効かないという人もいる。最近はジムで土曜も日曜も胸をやる。土曜は角度をいろいろ変えながらスミスマシンでインクラインプレスをやり、引き続き日曜はフラットベンチでのベンチプレスをやる。ベンチプレスはフル(胸タッチ)でやるのだが、上げられるかどうかは胸タッチ直後の初動の部分をクリアできるかどうかにかかっている。初動部分に必要なパワーを得るにはフルでやるのが必須であり、ハーフのベンチプレスでは鍛えられない部分であろう。胸タッチから初動の部分は胸の筋肉が最もストレッチしている時でもあり、これによる刺激はダンベルフライによる刺激に近いと思われる。どんな重量にせよ目標回数はその重量を卒業する回数(少なくとも5回以上)になるが、どうやるかというと、その重量をを使いこなせる範囲内の回数(たとえ1回ずつでも)で多セットをこなすにつきると思います。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA