ヒルクライム対策としてのフルスクワット

この3連休、3日連続ジムで1時間くらい筋トレできた。今日は脚と肩。大腿四頭筋を鍛えるスクワットは最近フルを意識してやるようにしているのだが、充分下げているかパワーラックでセーフティーバーの位置を変えながら改めて確認してみた。その結果、いつもの位置よりもう一段下げる余地があることが判明。一段下げるだけでも負荷は相当高まる。最下点では太ももと脹脛の角度もかなり鋭角になる。

一方、ヒルクライムで特に強化したいのが踏み脚(大腿四頭筋)であろう。踏み脚については、最上点から踏み始める時太ももと脹脛の角度は最小になる。ヒルクライムでは踏み始めからMAXのパワーを発揮したいところ。 従ってヒルクライム対策という意味からもフルスクワットは出来るだけ下げて取り組むべきだと思う。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA