腸脛靭帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯が大腿骨外顆との摩擦により生じるという。検査法として膝を90度屈曲して外顆部で腸脛靱帯を押さえて膝を伸展していく時に疼痛が誘発されるかどうか確認する方法がある。先日のマラソンで痛くなった部分は翌日まで階段下りで膝を延ばす時に傷んだのでこれにほぼ間違いない。

発症を防ぐためには、腸脛靭帯のテーピング法、腸脛靭帯のストレッチ法があるので長距離走る前にはやるべし。O脚で走る場合に起きやすいので、足裏内側で蹴るように意識する。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA