掟破りの自己新狙い、結果34k関門で収容

20kまでは予定以上のペース。最近の練習で走れたことのないペースであるから調子自体は良かったのだと思う。しかし最初の5kで自己新狙えるのではないかと欲が出た。10kあたりから右膝の外側の腱に少し違和感が出始めていたがペースは維持できていた。その後痛みが増してきて20k以後急速に失速。それまでいいペースで走れていても一旦失速するとすぐに関門で収容されるもの。痛めた箇所は階段降りる時にまだ痛む。着地の衝撃が原因だろうか。欲が出るのは仕方がない。次回までに自己新を狙えるところまで仕上げればよい。

今後の方針見直し
・いつもの5kアップダウン、ハーフランを出来るだけペースアップする
・5アップダウンで逆走の日も入れる(階段かけ下りる刺激が加わる)
・5kアップダウンで2周以上の日を設ける
・30kの日を設ける

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA