ローラー練のラン効果

マラソン大会まで2週間を切った。ハーフランできるのも今日を入れて2回。今日は故障なく完走。前半折り返しまでは、ケガ前と同程度のペース。少しでも気を抜くと、ストライドが狭まってペースが落ちてくるので、広げるよう意識した。であるから特別ペースを抑えていた訳でもない。ところが折り返し以降はいつもならペースが落ちるところ、今日は失速することなく最後まで走りきれた。

おそらく、ケガした以降やっているローラー練の効果であろう。つまりローラーで効く筋肉は、失速するかどうかを左右する筋肉であると思われる。と同時に、前半はペースが上がらなかったことから、ローラーで効く筋肉はペースを左右する筋肉ではない。ペースを左右するのは、ローラーでは効かない筋肉、つまり脹脛しかない。そこで、あと1週間、脹脛を鍛えてペースをアップさせつつ、ローラー練も続けることにする。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA