ラン呼吸法

5㎞ラン1週間ぶりの再開。ブランクがあってペースは落ちてはいるが、これまでの努力の半分くらいは残っている感じ。サブ4目指す程度なので、ことさら心肺能力を向上させる必要もないかとも思うが、それでも少しでも楽になる呼吸で走りたい。呼吸の仕方は脚のステップに合わせて、フーフーハーハー(吐吐吸吸)が代表的かもしれないが、自分は使うことはほとんどなく、自然と以下のようなバリエーションになっている。

平坦とか苦しくない時、フーフーハ~~~~、吐が2回で吸にはリズムがなくゆっくり吸う、吸う長さは適当。
登り坂とか後半苦しい時、フーフーフーハ~~、吐が3回で吸はゆっくり吸うのだが短めになる、とにかく身体から二酸化炭素を排出することを重視する感じ。

ところで、呼吸を強化するパワーブリーズという器具がある。息を吸う時に負荷がかかることによって横隔膜が鍛えられる。呼吸が楽になるとのことでランナーで使っている人は多い。しかし、自分としては、運動時は呼気を吐き出すところこそが重要で、吸うところを鍛える意義がどの程度あるのかよく判らない。これを活用している人は、呼吸法が全く異なるのかもしれない。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA