インボディ測定結果

インボディ測定を行う機会があった。体脂肪率は、家庭用簡易体脂肪計でも値は表示されるが体脂肪率が低くなるにつれ値に信憑性がなくなる。インボディ測定だと10%未満でも正確に測れるとのこと。この測定結果はダイエットというより筋トレの評価として見てみたい。

測定の結果、骨格筋量、体脂肪量ともに標準範囲内であり、筋肉バランスも、左右腕、体幹、左右脚すべて標準範囲内であった。腕は右手が強め、脚は左脚が強め。2年間筋トレしても総筋量は標準範囲でしかない。昨年に比較し筋量は+0.3kgだけ。これはバルクアップ不足という他ない。つまり筋トレにおける追い込みが足りない。

体脂肪率は18.6%もある。この値は家の体脂肪計の値+3%もありショックだ。炭水化物摂取を抑えていてもほぼ毎日の晩酌が内臓脂肪を蓄積させているに違いない。ココナッツオイルやデキストリンをもっと有効に効かせられないものか。

フィットネススコアが78ポイントで去年と変わらず、全く進歩がない。目指すは90ポイント。

適正体重にするには、筋肉そのままで脂肪だけを3㎏減らせと。いやいや来年までに筋肉増量して筋量の標準範囲からの逸脱を目指します。

バルクアップするトレーニング方法

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA