膝の腱の鍛え方

ランニングにおいて膝における腱の強さは脚の筋肉と同じくらい重要だと思う。膝が強いか弱いかはランニングペースの限界を決める大きな要素であることは間違いない。膝の医学的な診断には階段の一段飛ばしや二段飛ばしが可能かどうかのチェックがある。普段ジョギングで階段の上る時でも、一段抜かしで駆け上がれるかどうかは膝の腱の疲労度を見極めるよい方法と思われる。

筋肉には血管が通っており栄養素の循環が行われやすいく回復が早いのに比較し、腱は血管が通っていないため回復に時間がかかるという特徴がある。腱は1型コラーゲンというタンパク質で構成されているので、腱に対する栄養補給としてはとにかくコラーゲンの摂取が重要である。腱の強化には瞬間的に最大筋力に近い負荷を加える物理的ストレスが有効とされている。具体的には、反動を用いたジャンプ動作、バウンディング、階段一段抜かしでの駆け上がり等が有効であろう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA