糖質0g麺にカレー味が出た

紀文の糖質0g麺、麺がこんにゃくで出来ている。こんにゃくは難消化性デキストリンを含むので消化管における脂質の吸収も抑えてくれる。ただ、そうめん風に食べるにはややつらい面もあった。それがカレー味になることにより食べやすくなった。含まれる糖質はカレースープの5.7gだけであるので、ケトン体ダイエット(一日の糖質を20gに制限)中でも食べることが出来る。こんにゃくを材料とする食品は他にもいろいろ開発されている。こんにゃくゼリー、こんにゃくパスタ、ローソのこんにゃくチップス他。

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種であるが、字の通り消化されにくい。食物繊維全体としては1日あたり20gほど摂ることが望ましいとされている。これは難消化性デキストリンをコーヒー、スープ等に加える習慣をつけると良い。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA