大股歩きとバウンディング

YouTubeで武井壮が深夜のラントレで大股歩きとバウンディングをやっているのを見た。これらは短距離選手のトレーニングとしてはスタンダードなのであろうが、市民ランナーから見ると未知のトレーニングである。大股歩きは股割りのためで、バウンディングはそれを実際の走りに生かしてストライドを広げ、加えて脹脛や大腰筋の強化も狙っている印象がある。

実際に上り坂でバウンディングを真似てやってみようとしたのだが、一歩一歩が飛ぶ感じでなく少し大股で走るだけにしかならない。バネが弱いためだろう。初めはむしろ下り坂でやった方がいいかもしれない。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA