快適に車中泊する方法(寒い季節編)

長距離を車で移動する時、寝るにしてもせいぜい仮眠程度で、無理して一気に目的地まで行く人も多いと思います。

しかし、車後部に平らで広いスペースある車であれば、無理して夜中走り続けるより、さっさと適当な場所に車を停め、車中泊した方が疲労もなく良いと思います。

そう思えるには、いかに快適に寝れるかがカギです。

車の中は部屋以上に寒暖の差が激しいものです。5月といえども、日が陰ると急に温度が下がり、明け方には相当な寒さになります。だから寒さ対策は重要です。

寝袋は、何度か試してみましたが、不慣れなこともあり、手足を伸ばせないのが苦痛で、快適とは言えませんでした。そこで思い切って布団を導入することにしました。

敷布団は、幅の小さめなものも売られており、車中泊に適していると思います。

掛布団は、何が良いかあれこれ悩むより、家で使っているものをそのまま持ち込むのが間違いありません。枕も同様です。

寝心地が家と同じになるので、熟睡出来ますよ。

車中泊専門店オンリースタイル

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA