脂質代謝によるエネルギー産生

ハンガーノックになりにくい身体を理解するために脂質代謝によるエネルギー産生についてもう少し調べてみた。

糖はピルビン酸を経てオキサロ酢酸になりTCAサイクルに入りエネルギー源として利用される。オキサロ酸は、脂質から生成するアセチルCoAとも反応しTCAサイクルが進む。しかし糖が枯渇した時はオキサロ酢酸が欠乏してTCAサイクルが回らなくなる。これがハンガーノックの状態である。

肝臓は余分のアセチルCoAからケトン体を生成することができる。生成したケトン体は血流に乗って筋肉や脳などに運ばれアセチルCoA変換される。脂質から生成するアセチルCoAとともにTCAサイクルに入りエネルギーを産生することができる。

両者ともにTCAサイクルからエネルギーを産生するのたが、TCAサイクルを回す主な推進力が、糖から生成するオキサロ酢酸であるのか、脂質あるいはケトン体から生成するアセチルCoAであるのか、これが両者の違いと考えると分かりやすいのではないだろうか。

ケトン体ダイエットとは、TCAサイクルを回す推進力としてアセチルCoAを使えるようにする体質改善といえよう。体質が改善すると、糖が枯渇していなくても、脂質あるいはケトン体から生成したアセチルCoAでTCAサイクルを回せるようになると思われる。これがすなわちハンガーノックになりにくい状態といえるだろう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA