快適に車中泊する方法(暑い季節編)

寒い季節に比べ、暑い季節は対応が難しい。
可能であれば、出来だけ標高の高いところへ移動して車中泊する。
標高100m上がるごとに0.6度下がるといわれている。気温が2-3度下がるだけでも、快適具合は相当改善する。

それが出来ない場合、以下の策がある。
バッテリー、USB扇風機、濡らしたタオルを準備する。
扇風機の風をぬれたタオルに当てる。気化熱で車中の温度が下がる筈。

この作戦で快適に寝れるかどうか、休み中に確かめる予定。

車中泊専門店オンリースタイル

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA