代謝の優先順

代謝の優先順アルコール,糖質,脂質,タンパク質はいずれもエネルギー源になるが,代謝に優先順があるという。

アルコール>糖質>脂質>タンパク質 である。

体脂肪は少ない方が良く,筋肉は多い方がよい.そこで,脂質は代謝は促進したいし,蛋白質の代謝は抑制したい。

代謝の優先順を考えると,より脂質を代謝したいなら,アルコールは控えた方がよく,糖質摂取も制限した方がよいことが分かる。そこまでするのは難しくても,アルコール摂取について休肝日を設けることは,脂質代謝の面でも有効であろう。

また,糖質制限している人にとって脂質を摂ることは,脂質の代謝経路を活性化しつつ、蛋白の異化を抑制することにつながると考えられる。蛋白質と脂質を主に摂取するダイエット法であり,ケトジェニックダイエット法になる。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA