背中を攻略する方法

背中は鍛えるのが難しいといわれている

その理由は
・直接見ることが出来ない
・筋肉の種類が多い
・フォームが悪いと腕に力が逃げて、効かせにくい
ことが挙げられる。

主な筋肉は以下の3つ。(他にも色々あるが複雑になるので省略。)
・広背筋
・僧帽筋(上中下に分けて考える)
・脊柱起立筋(体幹の中心)

主な背中種目で鍛えられる筋肉について整理すると、

デッドリフトは広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋
ベントオーバーロウも全部(上体を傾ける角度が浅いと僧帽筋、深いと広背筋上部)
ラットプルダウンは広背筋、僧帽筋中部
シートロウは広背筋、僧帽筋中下部
シュラッグは僧帽筋上部

これらから以下がわかる。
多くの種目は広背筋と僧帽筋の両方に効く。ただし種目により違いがある。
デッドリフトは脊柱起立筋ほか背中全体を鍛えることが出来、体幹強化にもなる。
ベントオーバーロウはフォーム正しく出来ればとても効果的で取り入れるべき。
シュラッグは僧帽筋の上部だけをターゲットとしている点でユニークな種目である。
背中の日は特にこれら3種目は忘れずやりたい。

最近発行されたゴールドジムメソッドの内容を一部参考にさせていただいた。
日本を代表する3人、田代誠が鈴木雅、佐藤貴規にインタビューするという贅沢な内容で読み応えあります。
ゴールドジム・メソッド

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA