熱中症対策

連日の猛暑。炎天下で少しでも運動すると頭がボーっとしてくる。夏場の運動では冬場と異なり注意する点が多い。

発汗量が格段に多いため、水分・塩分・ミネラルが不足する。
さらに身体を冷やすために末端に血液が集中することにより,血流悪化が起きる。

脳の血液循環量が減ると熱失神が起きる。
水分のみの補給しているだけでは塩分・ミネラルが不足し熱痙攣が起きる。
補給が滞り、体温調節機能まで失われると、熱射病になってしまい手遅れだ。

塩分はスポーツドリンクだけではまかなえないので、塩飴を準備したい。ミネラルのサプリも念のため用意しよう。

そして、水、スポーツドリンク、塩分、ミネラルを、別々に補給できる体制にして、早め早めに補給したい。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA