体組成計(ハンドルを持つタイプ)

体組成計(体脂肪計)には、①体重計のように乗るタイプ、②両手に持つタイプ、③体重計に乗りつつハンドルを持つタイプ がある。
いずれも微弱電流を流すことによって体脂肪率を測定するのだがどのタイプが真の値に近いのだろうか。

体脂肪の中で最も蓄積していて減らしたい部分はお腹周りであろう。
だから微弱電流がお腹周りを流れることが最低条件と思われる。

①②のタイプは、原理的にお腹に電流は流れていないであろう。
③のタイプなら、お腹の脂肪にも電流が流れていることが期待できる。

よって③のタイプが正確に測れるかとも思うのだが、機種によって測定値は大きく異なるらしい。
いくら多機能であっても、正確でないならば、購入する価値はない。

購入者の意見をみると、運動をしていない人とアスリートの間でモードが変わる仕組みがあると、かなり正確に測れるらしい。
となると、これがベストか。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA