Gi値はどうよ


Gi値とは、食品の炭水化物を摂取した際の血糖値の時間変化グラフが描く面積をブドウ糖を100とした場合の相対値で表すもの。一言でいうと、食品の血糖値の上がりやすさの指標になる。

同じ炭水化物量の食品であってもGi値が高いほど太りやすい,Gi値が低いほど太りにくい、と言いたいところだが、それほど話は単純ではない。

注意したいのは炭水化物のひとつ果糖の含まれる食品(果物、野菜など)である。

果糖はグルコース濃度を上げなのいでGi値は低いのだが,ブドウ糖を介さない別経路で中性脂肪の原料となる。従って、これらはGi値は低いものの食べ過ぎには注意したい。

これらを除くと、Gi値の低いものは同じ量の炭水化物を摂取しても太りにくいことになる。

炭水化物を含む主な食品のGi値をまとめておくと

分類  GI値
低GI  55以下  (果物),(野菜)、豆類,日本そば,ナッツ
中GI  55-69  パスタ,サツマイモ
高GI  70以上  パン、白米、うどん,ラーメン,ジャガイモ

なので、日本そば,ナッツがお勧めだ。

同じ糖質制限ダイエットでもGi値まで考慮するとさらに効果が期待できるのでは。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA