エナジードリンクの効果

エナジードリンクは何種類もありますが、カフェインとアルギニンが多く入っているのが共通した特徴でしょう。

たとえば、モンスターだと100mlあたり、カフェイン40mg、Lアルギニン125mg入っています。

結構カフェインが入っていて爽やかなのですが、運動に使うなら適切な使い方を知らなくてはいけないと思います。

以前、マラソンの補給ドリンクに使って大失敗。カフェインの効果はあるにしてもエネルギー源としては意味はなく、最初興奮気味に走れていたもののすぐに失速してしまいました。

アルギニンの機能としては、成長ホルモンの合成に欠かせないアミノ酸ですので、これを摂ることにより筋蛋白の合成が促進されますので、筋トレ時にはエナジードリンクも有効だと思われます。

似た機能を持つアミノ酸として、グルタミンがありますが、こちらは筋肉分解抑制、蛋白質合成促進、運動時のエネルギー源ということですから、マラソンにはグルタミンを含むドリンクの方が良かったと思います。

ちなみに、グリコパワープロダクションにクエン酸ドリンクシリーズでは、「クエン酸+グルタミン」にグルタミンが多く含有されているのに対し、アルギニンはどれにも含有されていないことが確認出来ました。
http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/spec_ca.html

他にアルギニンを含むサプリメントとしては、同じくグリコパワープロダクションのエクストラシリーズ中の「エクストラ・アミノ・アシッド」にアルギニンが多く含まれています。
http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/spec_ex.html

成分と効能を把握した上で、うまく組み合わせて、摂取して行きましょう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA