悪質自転車運転手と劣悪道路環境

改正道路交通法が施行され悪質な自転車運転手には安全講習の受講が義務づけになるとのことだ。

右側通行が取り締まりの対象に入っていることは良いことだ。

以前から自転車はKeep Leftと言われていたにもかかわらず、守らない人は多い。にも関わらず、それを指導したり、取り締まっているところは一度たりとて見たことはなかった。放置していては、改善されることもなかろう。

思うに、頭の中が歩行者感覚の人は自転車に乗っても右側を走りたがる。逆に、ロードバイク感覚の人は歩くときでも左側を歩きたがるような気がする。従って、おそらく右側通行する人は無意識の内に常習なのだろう。

元々スペースのないところで、正面から自転車がきたら、いずれかがよけなければならなくなる。しかしながら、右側通行してきた奴に対して、よけることで自らを危険にさらしたくもない。

自転車運転手にいろいろと問題があることは否定しないが、自転車を巡る問題はそれだけでは解決しない。

前に「自転車走行レーンとしての側溝」でも言ったように、今の道路とというものが、およそ自転車が走るようには出来ていないこと。普通に走るだけでも、多くの危険にされされているということだ。この劣悪な道路環境についても大いに問題にすべきではなかろうか。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA