高速道路でねじを踏んだ

高速のPAでガソリンを入れていたら、珍しく店員の方から空気圧チェックしましょうかと言われた。せっかくなのでお願いしたところ、右後輪のみが0.5気圧も低いとのこと。タイヤを精査してもらうと、なんとねじが突き刺さっていて空気漏れを起こしていた。このまま気づかず走っていたら確実にパンクであった。後輪のタイヤ2本を新品に交換することに。

前輪が落ちている釘やねじを跳ね上げてそれを後輪が踏むといくことがしばしば起こるらしい。そのため釘やねじの突き刺さりは大概後輪に起きるという。店員は給油中車体が傾いている気がして、空気圧チェックを申し出てくれたそうだ。運転している自分は全く気付かなかった。店員の機転のおかげで命拾いした。感謝。

車には、空気圧をモニターしたり空気漏れを検出して警告を出すような機能があればいいのに、とつくづく思う。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA