プレート追加は計画的に

ベンチプレスやデッドリフトで、第③セットでは予め決めているMAX重量挑戦し、第④セットでMAX重量から5㎏重量減らして余ったパワーを出し尽くすやり方をしている。この時、第①、第②セットで使うプレートは、第④セットで5㎏減らすことを前提として計画的に考えるべきだろう。

デッドリフトの例:
①30,②70,③105,④100 という流れを計画しておき、シャフト内側から左右それぞれ以下の順でプレートを追加する。①+2.5、②+20、③+15+2.5、④-2.5 こうすると③から④の流れが楽ちんになる。

重量を増やすだけのセットを組む場合は、行き当たりばったりに、①25,②65,③105,という流れを、①プレート無し、②+20、③+20で進めるのは何の問題もない。しかし、第③セットが終わった段階で、追加で第④セット100をやりたくなったとしたら、④-20+15+2.5 というプレート移動が必要になってしまう。これは相当に大変。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA