おやじの7秒間

自分のパワーの限界を持続できるのは7秒間程度といわれている。100m走選手であっても最初から最後までMAXのパワーを持続するのは不可能ということになる。筋トレではメインセットの最後の1レップで自分の残ったパワーを出し切ることが重要だが、どんな種目でも1レップいかかる時間は2-3秒でしかない。そこで、限界が近づきこれが最後の1レップと思ったら、そのレップは我慢して数秒間維持すると筋トレ効果もMAXになるように思う。ただし、これが出来るのは種目による。ラットプルダウン、マシンロウでやってみたところ、翌日、筋肉痛になるほどに有効だった。他にも有効な種目はあるだろう。ベンチプレス等のフリーウェイトで潰れる時も、あっさりと潰れるのではなく、出来るだけ粘ってからセーフティバーに降ろすようにする。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA