重けりゃいいというものではない

種目によって負荷の大きさが可動域を決めてしまう。扱うことが難しい重量の場合は必然的に可動域が狭くなる。そういう時、重量を下げることにより、可動域を広げた方が、広い部位(届かなかった部位)に刺激を与えることが出来るようになったりする。このことを感じた種目は、スミスマシンで行うフロント/バック アップライトロウ、ケーブルロウ。ロウ種目は肩甲骨を狭めるところまで引かないと広背筋に効かない。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA