胸に効かせる腕立て伏せ

ベンチプレスでバーを下ろした時に胸にタッチさせる位置は乳首の上あたりにすると、降ろしたバーが視界に入りかつ胸に効く筋トレになる。腕立て伏せにおいても、上半身を下げた時の手の位置をそこに一致させることにより、胸に効く腕立て伏せになる。通常の腕立て伏せでは、手を肩の真下に置くことが多いが、この位置のままの腕立て伏せでは胸に効かない。肩の真下に手を付いたら上半身を約10㎝上に移動させてからやると良い。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA