リムパンク防止

ライドに備えてリムパンク防止策。リムパンクとは、リムテープでがリムホールのところで裂け、チューブがその穴から空気圧で膨らみパンクしてしまう現象。これによるパンクは穴が大きいので、たちまち走れなくなる。元々リムテープは裂けていない場合でもリムホールのところで空気圧により深く窪んでおり、いつ裂けても不思議ではない。リムテープが裂けていると何度パンを修理しても、チューブを新品に替えても、繰り返しパンクしてしまう。HC大会の出走前にこれでパンクしてそのままリタイアという悪夢のようなこともあった。しばらく原因が判らず困っていたが、リムテープが裂けているのを発見し、これが原因であることを確信してからは、全てのリムホールのところをガムテープで補強することにしている。以前はパンクの多発した後輪について実施。今日は念のため前輪についても処置しておくことにした。もし、サイクルショップに持って行ったら、新しいリムテープを買わされるのがオチ。自分で作業しよう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA