つま先重心の姿勢

身体を直立させた状態で良い姿勢とは?胸を張りさらに骨盤を後傾させないことが必要。僅かな後傾で猫背気味になりかかと重心となる。この状態でつま先立ちは困難。一方、臍を前に出すことを意識すると、骨盤は若干前傾しつま先重心となる。この時、つま先立ちは容易に出来る。逆に考えれば、つま先立ちは姿勢をつま先重心に矯正するとも言える。傾きの差は僅かであっても、骨盤の前傾と後傾は、身体の重心位置に直接関わる。ランにおいても、骨盤前傾姿勢を維持出来れば、前重心が加速につながり楽に速く走れるようになる。骨盤の傾きとか重心の位置はその人の習慣なので、意識的に矯正する必要がある。胸を張り、臍を前に出し、つま先立ちしよう。出来ればOK。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA