日本人とマラソン

日本人ほどマラソン好きな国民はいないそうである。マラソン大会にはどれも多数のランナーが集まる。それに対して、短距離走大会は聞いたことがない。あまりに短時間で終わりすぎてイベントとして成立しにくいこともあるだろう。瞬発力より持久力を重んじる国民性はある気がする。我慢強い精神を持ち合わせているのも、長距離に向いている。ランナーの多くは自己ベスト更新を目指しているので、失速は失敗とみなされる。失速してはいけないので常に脚力を温存しなければという気持ちが強い余り、前半・中盤共に我慢して抑え気味に走り続ける。その作戦は正しいであろうが、あまり楽しいことではないと思う自分がいる。自己ベスト更新を目指すことは正しい。一方、失速も、自分の限界を出し切った結果であり、限界まで出し切るという目的に対してはある意味成功という見方もできる。しかし、そういう考えに至ってしまった人は、最早大会に出場する必要はないかもしれない。ラン練習においても、早々と強度を上げて追い込み、早めに失速させてしまうくらいの練習が良いと最近思うようになった。筋トレ的に言うと、軽い重量を延々と繰り返すより、重い重量で早々とオールアウトした方が良いのと同じこと。

サロモン ソフトフラスク

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA