久々のヒルクライム

久々のヒルクライム。15-20%程度の斜度。同じギアでもダンシングの方がきつい斜度をこなせるので斜度が変化するタイミングでシティングとダンシングを交互に切り替える。シティングにおける乗り方は深いおじぎ。

ヤマメ乗りのシティングでの加速には深いおじぎ姿勢をとる方法以外に11時で一瞬サドルから腰を浮かせ全荷重をペダルに乗せて加速する方法がある(シティングでダンシングほどのパワーが出る)通常回す場合でも11時からパワーを加えるが、その一瞬のタイミングで片足で全体重を乗せるので相当な脚力も必要。スクワットで膝を曲げた状態から速く伸ばす自重トレが効果的かも。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA