高ケイデンス

ツールドフランスなどの映像でプロ選手のケイデンスをチェックしてみた。短い映像でも5回転に何秒かかるかを測定することでおおよそのケイデンスが分かる。チェックしてみると、勝負時では、ケイデンス120位は当然なようだ。一般に、登攀で速度を維持するには、軽いギア×高ケイデンス、の方が足に対する負担が小さい。しかし、120もの高ケイデンスになると両足のペダリング11時をカウントすることは難しくなってくる。そこで片足のペダリング11時をカウントすることに変えて、さらなるケイデンスアップを意識しよう。

2.0秒/5回転=ケイデンス150
2.5秒/5回転=ケイデンス120
3.0秒/5回転=ケイデンス100
3.5秒/5回転=ケイデンス86
4.0秒/5回転=ケイデンス75

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA