筋トレマシンをストレッチに使う

ストレッチ・体操といえばマシンを使わずにやるのが普通だ。イチローのトレーニング風景をYouTubeでみたことがあるが、特殊なマシンを使って関節の可動域を広げるストレッチを行っていた。しかし、特殊マシンが無くても通常の筋トレマシン(あるいはダンベル)を使い出来ることはかなりあると思われる。例をあげると、、、
① バタフライマシン(ペッグデックマシン)は広げた両腕を狭めることにより大胸筋を鍛えるが、腕を限界まで広げて肩甲骨を狭めるストレッチに使うことが出来る。
② ダンベルを使ったアーノルドプレスは腕を上げることにより三角筋を鍛えるが、腕を下げた状態では上方向からの荷重で肩甲骨を狭めるストレッチに使うことが出来る。
③ レッグプレスは脚の伸ばすことにより大腿四頭筋を鍛えるが、脚を曲げた状態では股関節の可動域拡大のストレッチに使うことが出来る。
マシンを使った筋トレ運動の中にはしばしばストレッチの要素が隠れている。それを見つけ出してストレッチ目的に使おう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA