地面からの衝撃吸収

自転車プロ選手は歩くのさえ苦手という話をよく聞く。ペダルを回すには明らかに大腿四頭筋を使っているのに歩くのに必要な筋肉さえ鍛えられないのはなぜだろうか。自転車ペダリングは地面からの衝撃が小さい。大腿四頭筋を使っていても、ペダリングやスクワットは短縮性収縮、ラン下り等の地面からの衝撃吸収は伸長性収縮という違いがある。短縮性筋収縮では遅筋線維が優先的に使われ、負荷が大きくならない限り速筋線維は使われない。 一方、伸張性収縮では速筋線維が優先的に使われることが知られている。ペダリングのような短縮性収縮では地面からの衝撃吸収で必要とされる伸長性収縮を鍛えられないのである。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA