重心を扱う

膝が痛くならずに長く走るには、身体の重心が左右に揺れないことが必要である。重心が左右に揺れが大きいと膝に横向きの負荷をかけスポーツ膝などの膝痛を起こす原因となる。身体の重心を真下を支えることが望ましいが、左右の足を無理に一直線上に乗せる必要はなく、適当な左右足の間隔は走りながら見える景色が左右に揺れるかどうかで判断できる。加速するにも重心移動を利用する。巡行時では背骨は真っすぐにして走るが、加速時は少し胸を前に出すことにより重心を前に移動し、肩甲骨を狭め腕振りを大きくすれば、パワーを意識的に使わず加速が強まる。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA