自動車のヤマメ乗り

高速で帰省。これまでシートを後ろに倒して運転していたが、楽な姿勢のようで良くない姿勢であることに気づく。長時間運転であれば背中も痛くなる。考えてみるとこれはシートに沿って骨盤が後傾して楽なようではあるが、前方を見るために骨盤の上で折れ肩甲骨がシートから離れる。完全な猫背であり腰痛になる。かと言って背中全体をシートに接するようにすれば目は天井を向き前方を見ることは不可能だ。そこでシートを一段手前に戻してほぼ直立にさせる。これまでこのシート角度は運転には使えない角度という印象があったのだが、猫背にならない姿勢をとる限り正解である。前方を見渡すことも出来る。少し前傾したい時は、肩甲骨だけをシートから離すのではなく、おじぎ姿勢で骨盤含め背中全体を真っすぐにしたまま前傾させてシートから離す。自転車でおじぎを深くするのと全く同じである。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA