衝撃吸収という筋トレ

ヤマメ乗りの校長先生の堂城氏が、YouTubeで公開されているセミナー等で、自転車では筋肉がつかないと主張している件について、理由を考えてみた。

自転車ではペダルを通して地面からの衝撃を受けないことは理解できる。また、ヤマメ乗り(おじぎ乗り)は回転重視の脱力した乗り方である。とはいえ登攀で前足に大きな荷重をかけペダルを回すには大腿四頭筋のパワーを必要とする。この筋肉はスクワットで鍛えられる筋肉である。スクワット含め筋トレ全般に言えることだが、いかに重い重量を扱おうとも動きは遅いので瞬間的な衝撃は受けないものだ。従って筋肉をつけるのに衝撃は必ずしも必須ではないように思える(筋トレでも動きをquickにすることで効果を高めるテクニックもあるが)。

これに対し、山登りでは登りよりも下りのほうが足に来るダメージが大きいと言われる。下りでは衝撃が大きいことが原因である。ランニング時は地面からの衝撃を筋肉が吸収している。このような瞬間的には体重の何倍にもなる衝撃を吸収させることは筋肉には大きなダメージとなるので、これも立派な筋トレなのである。彼が言いたいのは、自転車では、このような衝撃を介した筋トレ効果は期待出来ないということだろう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA