ウォーミングアップ

100kmRIDEの翌日、朝ランしようとしたが走りかけてすぐにSTOP、昨日のRIDEで腰回りの疲労が原因かゆっくりのJOGGINGすら出来なかった。コンディションが悪いとこんなことさえ出来なくなるなんて。気を取り直してジムに行き、BIG3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)をやった。帰宅してから腰が軽くなった気がしたので、再びランにチャレンジ。すると朝まともにスタートすら出来なかった5kmアップダウンコースをそこそこのペースで走り切れた。腰回りの筋トレ、おそらくデッドリフトが有効であったと思われる。朝走れなかった原因は疲労ではなく、筋肉が覚醒していなかったことが原因だろう。最大のパフォーマンスを発揮するには筋肉に刺激を与えて覚醒させる必要がある。筋肉の覚醒の有無で天と地ほどの違いが生じる。これが本来のウォーミングアップの目的と考えよう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA