母指球荷重

正しい姿勢では骨盤が前傾する。さらに、母指球に体重が乗せると、重心が前に来て前進する力となる。猫背では背骨が後ろに湾曲することにより骨盤が後傾する。踵に体重が乗り、重心が後ろに来るので前進する力は生まれない。普段猫背の人は意識的に肩甲骨を狭め胸を張る必要がある。すると自然に骨盤は前傾する。この姿勢を維持し母指球荷重になると、ランでも自転車でも 楽に速く走れるようになる筈。同じ足前部荷重でも母指球側と小指側は異なるので注意したい。ランナー膝(腸脛靭帯炎)は足小指側に体重が乗る走り方が原因で起きるともいわれる。母指球荷重はこれを回避する走り方になる。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA